記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAGIHARAツイスターズ 第3試合勝利!

萩原商会野球部「ツイスターズ」の今季第三試合は5月15日に名古屋市南区にある丹後公園野球場にて開催されました。
当日は柔らかな日差しが心地よく風もそよぐ程度の野球日和に恵まれて最高の試合となりそうな予感♪
IMG_0530.jpg

9時半の集合時間に合わせて続々と集結するツイスターズのナイン・・・・・
IMG_0546.jpg


テン・・・・イレブン・・・
IMG_0535 (1)


12人(@◇@;)?
(除く画像撮りのフロント男)

普段はギリギリの体制で行うツイスターズ、今回は余裕持った試合が出来そうです☆
IMG_0541.jpg

先のプレー中の試合を見ながらふつふつと闘志を燃やすツイスターズの面々
IMG_0534 (1)
うずうずしています(^^;)

IMG_0529.jpg
人数が集まらなかったペナルティを払わずに済んでホッとしている監督w

IMG_0527.jpg
*画像はツイスターズの前の試合の模様です

プレーが始まり燃えに燃える相手様チームにひるむことなく燃え盛るツイスターズナイン

今回はピッチャーMr-Xが素晴らしいコントロールの数々で迎え撃つ打者を抑え、またツイスターズのナインも時折ツーベースをお見せする事ができプレーヤー各々の本領が発揮できる試合となりました☆

今回は監督業に専念する事が出来たS戸監督も満足そうな表情のままゲームセット。

おかげさまで6対1という得点で勝つことが出来ました☆


と、翌々日の取材でツイスターズの活躍ぶりを知るフロント男は何をしていたのかというと・・・

野球場の片隅にある茂みに自生している自然薯を観察していました(^^;)

因みに自然薯とは日本固有種の山芋でして、老化防止に効果があるとされるムチン(ねばねば成分)や疲労回復に効果が高いとされるアルギニンが多く含まれ、さらにホルモンバランスを活性化させるディオスゲニンが長芋よりも多く含まれている「山のうなぎ」と呼ばれる食材です。
野球に限らずスポーツをする方にとって非常に優れたバランス栄養食、それが自然薯様です☆

しかし栽培種の長芋と違って生え方の問題(地中深く生える)や育つのに2~3年かかるという事で非常に高価で貴重な天然食材なのです☆
因みに長芋は中国外来種であり、栽培が比較的楽なうえにまっすぐに伸びるので調理しやすく非常に重宝できるお芋さんです☆
見分けのポイントは葉っぱの形と色ですね☆
葉が対生
そしてさらに自然薯によく似た植物で有毒な「オニドコロ」や半端なく苦く、しかし薬効成分がある「ニガカシュウ」という種類もあり
「自然薯だ―――――」って喜んだら偽物だったなんて話も少なくないようで(^^;)
一番簡単なポイントはツルが左巻きは本物、右巻きは偽物、葉っぱが体制(左右対称に出る♪)か互生(左右非対称)かの違いですね☆
本物の中でも早生種から本芋まで分類されるので自然薯って奥が深いんですよ~(;≧Д≦)

【画像訂正!】
両方とも「葉っぱは互生」とありますが、下記のオニドコロとニガカシュウはどう見ても対生ですね(><:)
ご指摘を賜りましてありがとうございます☆
毒もの
フロント男は自宅の片隅に自生している自然薯を頑張って栽培しようと思っていたのですが・・・

本物の自然薯の葉っぱを見て・・・


自宅で栽培している芋は自然薯ではなく長芋であった事にショックを受けて早々に帰ってしまったのでした・・・
スポンサーサイト

コメント

突然失礼致します。
自然薯、長芋の説明のイラスト内で『互生』となっておりますが、正しくは『対生』ですよね。

ご指摘をありがとうございます

イラストをコピーして使いまわししているのがバレてしまいますね(^^;)
ご指摘頂きました通り、対生の間違いでしたm(__)m
お教え頂きましてありがとうございます☆

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。